2013年09月25日

並河靖之七宝記念館

並河靖之七宝記念館に行ってきました。
明治大正期に七宝焼きの大家だった人の自宅兼作業場が公開されています。

場所は白河の傍。いい所にありますね。
CIMG2773.JPG

作品も展示してありました。美しいものです。
CIMG2775.JPG

客間は池に張り出しています。夏は涼しいでしょう。
ここがこの家の一番のハイライトです。
CIMG2779.JPG

庭から見た母屋。
CIMG2785.JPG

池には大きな鯉が悠々と泳いでいました。
CIMG2788.JPG

客間から見た庭です。レトロなガラス戸です。
CIMG2789.JPG

最後は京都特有の通り庭。台所兼家のメイン通路です。
CIMG2801.JPG

建直す前の私の実家は古い京風の町家で、商家でもありました。
中庭と、裏手には作業場もありました。
こういう建物には懐かしさを感じます。

また、個人の旧宅は他人の生活を覗いているようで楽しくもあります。
実際、子孫の方が住んでおられるようで、母屋の半分以上は非公開でした。

平日でもあり、客は私一人でした。
人の多い京都にもこのように静かな観光地はあります。


posted by 独楽 at 16:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光 | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

葛城古道

随分久し振りの更新です。
リタイヤするとストレスもなくなりますが、強い思いもなくなります。
人に伝えようとするエネルギーも希薄になるのでしょうか。

さて、彼岸花の季節です。葛城古道に行ってきました。
CIMG2810.JPG

CIMG2873.JPG

CIMG2884.JPG

彼岸花をみると何だか子供の頃を思い出します。
家の近所には空き地がいっぱいあり、様々な秋草に混じって彼岸花が咲いていました。
その頃は曼珠沙華と呼んでいました。

この花には仏教的な静けさを感じます。
秋の午後の光と下校する私たち・・・何願うことのない日々でした。
posted by 独楽 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。