2013年12月10日

御所の紅葉

京都でおすすめはと問われると、私は京都御所を一番に挙げます。
平凡だと思われるためか、広いためか分かりませんが、人が多くないのがよいと思います。

御所の左辺は明治初期からの樹木が残され、森のようになっています。
明るい森林の中をひとり歩いていると、心が晴々とします。
CIMG2953.JPG

いまの季節は木々も色付いています。
CIMG2966.JPG

もちろん、いかにも京都といった風景にも出会います。
CIMG2957.JPG

十二月に入って、紅葉も盛りを過ぎたかもしれません(訪問は12月5日)。
最後の華やぎを楽しめました。
CIMG2963.JPG

(伝言)カズさん、お便り有難うございました。
posted by 独楽 at 19:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

並河靖之七宝記念館

並河靖之七宝記念館に行ってきました。
明治大正期に七宝焼きの大家だった人の自宅兼作業場が公開されています。

場所は白河の傍。いい所にありますね。
CIMG2773.JPG

作品も展示してありました。美しいものです。
CIMG2775.JPG

客間は池に張り出しています。夏は涼しいでしょう。
ここがこの家の一番のハイライトです。
CIMG2779.JPG

庭から見た母屋。
CIMG2785.JPG

池には大きな鯉が悠々と泳いでいました。
CIMG2788.JPG

客間から見た庭です。レトロなガラス戸です。
CIMG2789.JPG

最後は京都特有の通り庭。台所兼家のメイン通路です。
CIMG2801.JPG

建直す前の私の実家は古い京風の町家で、商家でもありました。
中庭と、裏手には作業場もありました。
こういう建物には懐かしさを感じます。

また、個人の旧宅は他人の生活を覗いているようで楽しくもあります。
実際、子孫の方が住んでおられるようで、母屋の半分以上は非公開でした。

平日でもあり、客は私一人でした。
人の多い京都にもこのように静かな観光地はあります。
posted by 独楽 at 16:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

葛城古道

随分久し振りの更新です。
リタイヤするとストレスもなくなりますが、強い思いもなくなります。
人に伝えようとするエネルギーも希薄になるのでしょうか。

さて、彼岸花の季節です。葛城古道に行ってきました。
CIMG2810.JPG

CIMG2873.JPG

CIMG2884.JPG

彼岸花をみると何だか子供の頃を思い出します。
家の近所には空き地がいっぱいあり、様々な秋草に混じって彼岸花が咲いていました。
その頃は曼珠沙華と呼んでいました。

この花には仏教的な静けさを感じます。
秋の午後の光と下校する私たち・・・何願うことのない日々でした。
posted by 独楽 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

李朝家具(本箱)

これは8年ほど前に手に入れました。
高いな(16万円)と思いましたが、気に入ってしまったので仕方がありません。
CIMG2665.JPG

古い家具の部分を組み合わせたリプロダクトと呼ばれる製品です。
オリジナルの李朝家具は見た目はいいのですが、現代の家具としては中の物が探し難く、取り出し難い欠点があります。
有事のときには物を入れたまま背中にかるって逃げるため、箱に較べて扉が小さいためです。
李朝というのは騒乱の多い王朝でした。

これはリプロダクトなので現代風に間口が広くなっています。
私は本箱兼小物入れとして利用しています。
CIMG2668.JPG

私が小さい頃に古い立派な家で見た家具というイメージです。
アンバランスに扉が厚く李朝らしさも残っています。
CIMG2671.JPG
posted by 独楽 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

李朝家具(パンタジ)

骨董などを買い集めているうちに、陶磁器よりも木製品が好きになりました。
これは今から10年以上前に入手した李朝パンタジ(11万円)です。
CIMG0005.JPG

おもに飾り台として利用していますが、中には収集した骨董小物類を入れています。
飾るとこんな感じです。
CIMG0642.JPG

これは後の手の入っていないオリジナルです。
赤松の木色が綺麗です。

金飾りのないシンプルなところが気に入りました。
李朝時代の庶民が普通に使っていたものだと思います。
ときには、机や作業台にもなっていたと思います。
墨跡や焦跡が残っています。

下鴨の川口美術という店で買ったのですが、いまだに案内はがきを戴いています。
CIMG2572.JPG

posted by 独楽 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨董小品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

こてっちゃん

夏になると妙に食べたくなるのが「こてっちゃん」です。
今日はキャベツともやしで炒めてみました。
CIMG2634.JPG

ラー油を少したらしてみました。
簡単、廉価、スタミナ満点です。

やはりこうなりますよね。
CIMG2637.JPG

なんだか元気が出てきました。
posted by 独楽 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

スーパーのカツ丼

ランチを食べに出るのも面倒な日は、近くのスーパーの弁当で済まします。
ビールや飲料水などを買うために、二日に一度は必ず出かけますから。
CIMG2458.JPG

ここの惣菜や弁当はあまり美味しいとは言い難いのですが、このカツ丼だけは普通に美味しいです。
ボリュームも結構あります。

リタイヤしてからは運動量も減っているので、昼にこれを食べたら夜もさほどお腹がが空きません。
夜はビールや日本酒を飲みながら、適当に「あて」を摘んでおしまいです。
posted by 独楽 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

無印良品

シンプルでセンスのよいブランドですが、特に安くはありません。
衣類であればユニクロの方がお買い得感はあります。
よってめったに行くことはないのですが、ここでしか買えないものがあり、欲しくなったら京都中の店を探し回ることになります。

それが室内用の薄手の綿パンツです。
春秋パジャマのズボンだけのような感じです。
CIMG2558.JPG

私は夏場、家にいるときは、このズボンとTシャツで過します。
寝るときもそのままです。

リタイヤしたので家にいる時間が長くなり、もう一枚増やしたくて探していますが見つかりませんでした。
たしか二枚目を買うときもそうだった記憶があります。買える時期が限られているようです。

ユニクロで作ってくれたらと思いますが、ジャージやハーフパンツのようなものしかありません。
ジャージでは厚過ぎやハーフパンツでは頼りなさ過ぎる・・・私のような人は少数派なのでしょうか。
posted by 独楽 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。